• とんかつに添えられるキャベツについて

    生でも・炒めても・スープにしてもおいしく食べられるキャベツは、代表的な万能野菜です。
    キャベツが、とんかつなどの揚げ物に添えられている事も多く見かけますが、それは理にかなった食べ方なのです。そこで、キャベツのすごさを紹介します。

    揚げ物にキャベツが添えられる理由

    キャベツに含まれている成分のひとつに、ビタミンUがあります。
    ビタミンUはキャベジンとも呼ばれている成分で、細胞分裂を促す働き・たんぱく質の生成をサポートする働き・傷ついた細胞を修復する働きがあるとされています。

    ビタミンUのこのような働きは、胃の粘膜を保護しながら消化を助けてくれます。
    揚げ物を食べる時、胃への負担を軽減する目的でキャベツが添えられるのは実に理にかなっているのです。

    栄養が豊富なキャベツ

    キャベツには、ビタミンUの他にも様々な栄養が含まれています。まず、2~3枚のキャベツの葉には美容や疲労回復に役立つと言われているビタミンCが、一日の必要量相当含まれています。
    他には、ビタミンKというものがあります。摂取した多くのカルシウムを効率良く体内で活躍させるためには、カルシウムが骨に沈着するのをサポートする働きをするビタミンKの摂取が必要なのです。

    また、キャベツに豊富に含まれている食物繊維は腸内環境を良好に保つとされています。
    さらに、最近話題となっている抗酸化物質として働くビタミンAも含まれています。
    抗酸化物質は、アンチエイジングに欠かせないと注目を集めています。
    活性酸素は体に様々な悪影響をもたらしますので、少しでも体を守る抗酸化物質を取り入れるためにも、キャベツは理想的な食品と言えます。

    このように、キャベツは様々な栄養が含まれているすばらしい野菜です。
    飲食店を経営していらっしゃる方は、お店でキャベツを使用した料理を提供してはいかがでしょう。

    菜季青果では、格安業務用野菜を宅配しております。横浜全域、川崎市など神奈川などが宅配エリアとなっております。新鮮なキャベツもお届け致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

    . . . 2015年08月04日更新