• 野菜の豆知識

    日本人は欧米人よりも野菜不足だと言われています。野菜は健康な生活を送るためには欠かせない食材ですのでしっかりと摂る必要があります。こちらでは、健康な体づくりに必要不可欠な野菜についてご紹介します。

    健康には欠かせない野菜

    野菜不足になると病気になりやすい体になると言われていますが、どのような弊害が起こるのでしょうか。まず、野菜にはビタミンやミネラルが多く含まれており、これらビタミンやミネラルは美肌作りには欠かせない栄養素です。よってこれらが不足すると肌荒れやニキビ、吹き出物の原因となってしまうのです。また、抗酸化作用も低下してしまいますので体の老化を早める結果に繋がります。

    そして、野菜には多くの食物繊維が含まれているため野菜不足は便秘を引き起こす可能性が高くなります。塩分の排出を助けるカリウムも不足するため、血流が悪くなり高血圧や動脈硬化などの成人病を招く事になりかねません。このように、野菜には私たちの体の活動の源となっている栄養素が豊富に含まれているため、野菜不足になってしまうと様々な不調が現れるようになるのです。

    野菜の摂取量について

    一日に必要な野菜の量は350g~400gと言われています。人参・カボチャ・トマト・ほうれん草などの緑黄色野菜を100g~150g、たまねぎ・キャベツ・大根・白菜などの淡色野菜を200g、芋類と豆類を100gが理想とされています。野菜を効率的に摂るためにもまずは一日三食しっかり食事をする事が大切なのです。中には野菜嫌いの人もいると思います。しかし野菜嫌いな人でも、野菜のうま味や甘味を感じられる新鮮なものや、旬のものなら美味しく食べられる場合が多いようです。

    神奈川県横浜市にある菜季青果は、飲食店に業務用野菜を格安で卸売りしております。
    なるべく安く、新鮮で美味しい業務用野菜を仕入れたいとお考えの経営者様のご希望に添えると思います。神奈川県の横浜や川崎周辺地域でしたら、業販価格で新鮮な業務用野菜を配送料無料で宅配しておりますので、ぜひこの機会にご利用下さい。

    . . . 2015年08月04日更新