• 野菜不足の現代人が多い理由

    毎日の健康維持に大きく関わっている食生活。昔と比較して生活は豊かになり、食べ物に困らない便利な世の中になりました。しかし、時代が進むにつれ、現代人の野菜不足が深刻化しています。
    そこで、こちらでは「野菜不足の現代人が多い理由」について考えてみたいと思います。

    食生活の欧米化

    日本人ならではの伝統的な食事といえば「和食」です。主食の白米に汁物とおかず3品を組み合わせた「一汁三菜」を基本とし、栄養バランスの優れた食事として日本人の健康を守り続けてきました。しかし、第二次世界大戦以降、私たち日本人の食生活は大きく変化します。
    戦前はお米中心で野菜を多く摂取していたのですが、戦後は肉類中心の欧米化スタイルへと変化してきたため、野菜の摂取量も大きく減少したのです。

    また、食生活の欧米化が進行した事は日本人の平均寿命にも変化をもたらしていると考えられます。欧米食は動物性タンパク質や脂肪が多く含まれており、栄養バランスが偏りがちです。
    さらにカロリーも非常に高いため、生活習慣病や肥満など重大な病気につながる可能性が高くなります。健康維持のためには和食中心の食生活を心がけ、毎日野菜を摂取する事が大切です。

    生活スタイルの多様化

    女性の社会進出が進む中、夫婦共働きの家庭が増えています。男女関係なくキャリアアップを目指せる事は素晴らしいですが、家族で過ごす時間・特に家族揃って食事をする時間が少なくなってしまいます。さらに、結婚にこだわらない一人暮らしの男女が増えています。

    最初は自炊を心がけていたとしても、次第にスーパーの鮮菜コーナーや八百屋さんに足を運ぶ機会が減ってしまい、コンビニ弁当やスーパーの惣菜、インスタント食品に頼ることが多くなる方もいらっしゃるでしょう。家庭環境やライフスタイルよって様々な事情があるかもしれませんが、やはり健康維持のためには栄養バランスを考えた食生活を送る事が一番です。

    菜季青果は、新鮮なお野菜を格安で販売しています。お客様にご納得頂ける価格設定を行っておりますので、卸売業者を探している飲食店様には大変おすすめです。また、神奈川県の横浜・川崎エリアを中心に、配送料無料でお届けしておりますので、予算が限られている方にも安心してご利用頂けます。新鮮な青果販売を行っている卸売業者をお探しの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

    . . . 2015年08月04日更新